チマッティ神父 本人が書かなかった自叙伝(下) ─激動の昭和史を生きた宣教師─ [5487]

チマッティ神父 本人が書かなかった自叙伝(下) ─激動の昭和史を生きた宣教師─ [5487]

販売価格: 1,800円(税別)

(税込価格: 1,980円)

在庫あり
数量:

商品詳細

チマッティ神父の約1万通にのぼる書簡や文書からたどる自叙伝、待望の下巻。

1941年から1965年の戦中・戦後、チマッティ神父はどう生き抜き、どのように最期を迎えたのか。不屈の精神で働きつづけ、神にすべてをゆだねた宣教師の自叙伝、ついに完結。

----------------------------------

ガエタノ・コンプリ編訳

A5判並製 518頁 定価:本体1,800円+税
ISBN978-4-88626-548-7 C0016

----------------------------------


■目次

第I章 戦禍のなかでのチマッティ神父 1941〜1945
第II章 事業再建と発展の時代 1946〜1949
第III章 チマッティ神父、図書係 1950〜1952
第IV章 院長時代のチマッティ神父 1953〜1957・3
第V章 病気を乗り越えるチマッティ神父 1957・4〜1963・5
第VI章 神を迎えるチマッティ神父 1963・6〜1965


■ヴィンチェンツォ・チマッティ神父(Vincenzo Cimatti)
1879年イタリア生まれ。17歳でサレジオ会に入会。パルマ音楽大学院で「コーラスのマエストロ」のディプロマ、トリノ国立大学で自然科学の博士号と哲学の博士号を取得。1905年司祭叙階。長年にわたり師範学校で教鞭をとり、校長、修道院長を務める。1926年46歳の時、9名の宣教団を率いてサレジオ会として初来日。宮崎から始まり、各地で教会、教育事業、福祉事業、出版事業を開始。宮崎の教区長も務め、邦人司祭の養成に取り組み、日本の教会の発展に生涯を捧げた。1965年86歳で帰天。現在、列聖列福調査中で「尊者」の称号が与えられている。チマッティ資料館ホームページ http://v-cimatti.com

■編著者 ガエタノ・コンプリ(Gaetano Compri)
カトリック司祭、サレジオ会員。1930 年、イタリア生まれ。サレジオ大学哲学部、上智大学神学部大学院卒。中津ドン・ボスコ学園園長、育英高専(現サレジオ高専)倫理・哲学教授、川崎サレジオ(現サレジオ学院)中学・高等学校校長、ドン・ボスコ教育研究所所長、カトリック下井草教会主任司祭などを歴任。現在、チマッティ資料館館長。著書に『人間を考える』、『若者を育てるドン・ボスコのことば』、『こころにひかりを』、DVD『知っておきたい聖書の常識』、『カトリック入門』(以上、ドン・ボスコ社刊)、『キリストと聖骸布』(イースト・プレス刊)、『聖骸布の男』(講談社刊)ほか多数。