チマッティ神父の手紙3 世界大恐慌中の人材養成 1929年2月〜1931年8月(僅少)wa [4084]

チマッティ神父の手紙3 世界大恐慌中の人材養成 1929年2月〜1931年8月(僅少)wa [4084]

販売価格: 1,200円(税別)

(税込価格: 1,320円)

在庫数 8点

商品詳細

1929年、世界大恐慌が始まった。

日本での収入源がなく、外国からの送金に頼るしかなかったチマッティ神父は

宣教師、神学生、シスターたちを養うために想像を絶する苦悩に直面した。

しかし、資金集めに奔走する日々の中でも神の摂理に対する信頼はまったく揺るがなかった。

この第三巻からは養成にかけるチマッティ師の熱い思いが伝わってくる。


----------------------------

ガエタノ・コンプリ編・訳

定価:本体1,200円+税
四六判並製 338頁
ISBN 4-88626-408-4 C0016

----------------------------

■目次

はじめに
I イタリアでの総会とドン・ボスコの列福式
II 大淀や中津で若い人材の養成が始まる
III 福者ドン・ボスコの祝い、福祉活動、コンサート
IV 経済的困難、会員の病気、別府での夏休み
V 出版活動、トルクィスト神父来日、神学校が高鍋へ
VI 事業の発展、新しい宣教師、クリスマス・新年
VII 増していく経済的困難、宮崎での聖体行列、印刷学校
VIII シスターとの協力、宮崎の幼稚園、資金不足
IX 出版活動、日本カトリック新聞、カトリック講話集、夏休み
索引・年譜

■著者 ガエタノ・コンプリ
カトリック司祭、サレジオ会員。チマッティ資料館館長。1930年、イタリア・ヴェローナ生まれ。1955年、宣教師として来日。1958年に上智大学大学院神学部修士課程修了。中津ドン・ボスコ学園、育英高専(現サレジオ高専)、川崎サレジオ中学校・高等学校(現サレジオ学院)、日向学院などで長年教育に携わる。教育、信仰教育、聖骸布、チマッティ神父に関する著書多数。