リジューの聖テレーズ 小さい花の物語 [6576]

リジューの聖テレーズ 小さい花の物語 [6576]

販売価格: 500円(税別)

(税込価格: 550円)

在庫あり
数量:

2019年9月27日発売!

 

「イエスさまが望まれるのは、私たちの小さな努力、

たとえば一つのほほえみ、親切な一言……

小さな事柄への忠実さです。

そしてそれを、イエスさまを喜ばせるために行うことなのです」

 

15歳でカルメル会入会、24歳で病に侵され帰天するその日まで、

神に信頼をおき、幼子のようにイエスを慕い、

愛にあふれる小さい道を歩み続けたカルメル会修道女。

世界でいちばん愛される聖人といわれるリジューの聖テレーズの生涯の物語。

 

-----------------------------

「 リジューの聖テレーズ

 小さい花の物語 」

著 カルメル会

訳 山口カルメル会

新書判 並製 112頁

定価 本体500円+税

ISBN978-4-88626-657-6 C0216

------------------------------

 

《目次》

はじめに  

I ルイとゼリー

  リジューへの旅

  「これが、私がお前のために準備した者である」

  九番目の子ども

II 愛するお母さま

  わらぶき屋根の家

  とても強情な子

  「私は、お棺というものを一度も見たことがありませんでした……」

III ビュイソンネの日々

  こんなに美しい老人とこんなに小さな娘

  不思議な訪問者

  「ほら、テレーズが、私のことをガキだなんて言ってます……」

IV 一人前のキリスト者

  惨めな学校生活

  聖母のほほえみ

  友達をつくることが下手

V 人々を救いたい

  幼年期に別れを告げて

  「彼女は父親のもとにいるべきだ」

  「私は、パパさまのお膝に両手を置きました」

VI カルメル山に登るために

  わが家に別れを告げて

  天国への近道

  〝敵〟との闘い

  最愛の父を襲うつらい試練

VII 私は主を愛します!

  神は彼女の愛を試された

  たとえ神さまが私を殺されても、私は神さまに信頼します

  美しい死

幼いイエスの聖テレーズへの九日間の祈り(祝日十月一日)