10月のその他の聖人(アビラのテレジア、ヨハネ・パウロ2世ほか)

・10/5 聖ファウスティナ … 1905年ポーランド生まれ。「あわれみの聖母会」の修道女。「いつくしみのイエス」と出会い、その信心を広めるように託された。
・10/11 聖ヨハネ23世教皇 … 1881年イタリア生まれ。261代教皇。第二ヴァチカン公会議の開催を指示した。公会議前に亡くなるが、この会議によって教会が大きく刷新された。神学校に入学した11歳から書き続けた『魂の日記』がある。
・10/15 アビラの聖テレジア … 1515年スペイン・アビラ生まれ。カルメル会に入会するが、修道生活を本来の姿に立ち返らせる必要を感じ、「女子跣足カルメル会」を創立。多くの霊的な書物を残した教会博士の一人。
・10/16 聖マルガリタ・マリア・アラコク … 1647年フランス・オータン生まれ。「聖母訪問会」修道女。修道生活の中でキリストが現れ、「み心の信心」を広めるように託された。
・10/18 聖ルカ … 「ルカによる福音書」と「使徒言行録」の著者。異教徒であったが、イエスに出会い回心した。使徒画家で医者でもあったことから、画家と医者の守護聖人とされる。
・10/19 十字架の聖パウロ … 1694年イタリア生まれ。すべての持ち物を手放し、貧者と病者に仕えて仲間を集め、「御受難会」を創立。受難のキリストの説教は多く人を感動させ、信仰に立ち返らせたとされている。
・10/22 聖ヨハネ・パウロ2世教皇 … 1920年ポーランド生まれ。264代教皇。在位中に数多くの国を訪れ、「空飛ぶ教皇」と呼ばれる。教皇として初めて来日し「平和アピール」を行った。他宗教との対話も数多く行い、多くの回勅や書簡がある。
・10/28 聖シモン 聖ユダ … 12使徒の2人。シモンは熱心党のシモンと呼ばれ、弟子の中でも信仰が篤く、律法を厳格に守っていた。ユダはタダイとも呼ばれ、聖書の中ではアルファイの子ヤコブの兄弟として描かれる。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

34