10/2 守護の天使

カトリック教会は聖書にも天使の記述があることから、一人ひとりに守護の天使がいるという考えを大切にしています。イエスの誕生の時も、守護の天使が導いたとされています。イエス自身もゲツセマネの苦しみの中、天使によって力づけられました。天使は、私たちにとって神さまに遣わされたメッセンジャーであり、神さまからの愛のしるしの一つともいえるでしょう。
私たち一人ひとりに遣わされた天使が、いつも支え励ましてくれていることを忘れず、神の国へ永遠の喜びをもって入ることができますように、お祈りいたしましょう。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

40