カトリック生活2021年6月号 [80000199]

カトリック生活2021年6月号 [80000199]

販売価格: 200円(税別)

(税込: 220円)

在庫なし

商品詳細

【 特集 】 「贖う」こと 「償う」こと

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[今月の特集]
 キリストは「多くの人の身代金としてご自分のいのちをささげられる」(マタイ20・28)ため、すなわち、「弟子たちをこの上なく愛し抜かれる」(ヨハネ13・1)ために来られました。それは、人々が先祖伝来のむなしい生活からあがなわれるためでした。これこそが、キリストのあがないの意味であり目的なのです。(『カトリック教会のカテキズム』622項)
 今月の特集テーマは「贖い」と「償い」。まずキリストの贖いの業を見つめ、そして私たちの償いをどうしていくか考えてみたいと思います。
____________

・「あがない」と「つぐない」 ●阿部仲麻呂

・まず神がゆるし、あがなう
  ――『旧約聖書に見るあがないの物語』より  ●小林 剛

・五十嵐弘志さんに聞く 出会いの中に「贖い」が見えた

・贖罪をめぐる責任について ●石塚伸一

・特集に寄せて
  「贖う」こと 「償う」ことを深めるために ●関谷義樹

【 連載 】 

・アートで識るイエスの生涯
  主の奉献 ●中村潤爾

・教皇フランシスコの言葉
  復活されたキリストとの出会いを求めよう

・カトリック・サプリ
  「償い」の明日 ●竹下節子

・預言者の言づて
  天を映す人たち ●古巣 馨

・原語をとおして読む聖書
  「ゆるし」について(9) ●山下 敦

・祈りの風景
  記憶の卵 ●服部 剛  写真/関谷義樹

・映画、観ようよ! 映画に見つけた贖罪
  『レ・ミゼラブル』『ハミングバード』 ●中村恵里香

・マリアの風に乗って
  ゆるしとあがない──わか子の十字架のもとに立つ母 ●岡 立子

・国本神父の音楽サロン
  深い愛を示したブラームス ●国本静三

・"キリスト者"と"思想"の交差点
  カトリック教会の言論メディア ●来住英俊

・私たちにできること 私たちがすべきこと 心にともる光を信じて
  「家庭に居場所を(4)」〜ばあちゃんの語り聞かせ〜 ●山中千枝子

・日本史のクリスチャンたち
  今井信郎 ●植松三十里

・フランシスコ・サレジオと共に歩む神への道
  ミケーレ・ルアの場合(13) ●浦田慎二郎

・ハレの日の聖人たち
  聖パウロ祭 ●若月伸一

・カトリック世界のトピックス

・新刊ガイド

・読者のページ

・NEGOZIO DON BOSCO