自由人イエス もう一つのキリスト論 [4954]

自由人イエス もう一つのキリスト論 [4954]

販売価格: 1,800円(税別)

(税込価格: 1,980円)

在庫あり
数量:

商品詳細

イエスは、私たちが思い描くような神では、ない。

イエスは政治的、宗教的な権威、律法の解釈から完全に自由であった。人々は「抑圧された自分たち」を解放してくれるという期待に、イエスを閉じ込めようとした。しかし、イエスの自由とは、すべての人と神とを同時に解放していくような自由であった。

 本書は、イエスが同時代人たちからどう見なされていたのか、イエス自身は自分をどう見ていたのか、彼の断罪の意味は何だったのか、そして、どのようにイエスは「赦し」によって憎悪を克服したのかを明かし、イエス・キリストにおける神の啓示まで、歴史学的に要約しつつ、段階を追って解き明かしていく。

ナザレのイエスが、その生と死と復活によって今も私たちを自由に向かって
導いてくれることを説得力をもって明示する、躍動的なキリスト論。

-------------------------------------------

クリスチャン・デュコック 著
竹下節子 訳

四六判並製 237頁
定価:本体1,800円+税
ISBN978-4-88626-495-4 C0016

-------------------------------------------

■目次
序章
第1章 復活の出来事
第2章 ナザレのイエス――自由の人
第3章 同時代人によるイエス像
第4章 自分自身についてのイエスの証言
第5章 裁きと死
第6章 復活の体験――生けるイエス
第7章 イエスは自由にする
第8章 人間の顔をもつ神の子イエス
結語
解説(竹下節子)


■著者 クリスチャン・デュコック
ドミニコ会司祭、リヨン・カトリック大学神学教授、『Lumiere et Vie』元編集長

■訳者 竹下節子
比較文化史家(宗教思想史・神秘思想史)