時のしるしを読み解いて [4312]

時のしるしを読み解いて [4312]

販売価格: 1,500円(税別)

(税込価格: 1,650円)

在庫あり
数量:

商品詳細

さまざまな歴史的人物や事件を通して、現代に生きる私たちのキリスト者としての信仰を明らかにする。


-------------------------------------------

川村信三著

四六判 並製 350頁
定価:本体1,500円+税
ISBN4-88626-431-X C0016

-------------------------------------------

■目次

・まえがき

・序章 「歴史」とキリスト教
「歴史」(ヒストリア)を問い、学ぶことの意味/教会史についての誤解/専門歴史書がつまらない理由

・第I章 キリスト教の歴史アラカルト
使徒ペトロはいずこに/生命の書/悔い改めた人びと/「黒死病」の爪痕と教会の再生/「フランス病」と倫理パラダイムの転換/「思い皮膚病」の社会史/「それではいったい誰が救われるのだろうか」

・第II章 キリスト教の歴史人物誌
改革者とは誰か?/『正統と異端』再考/「もはやこの世に生きることのない」人生を望んだ若者/何がフスを火刑にしたか/ある宗教家の回心/バランス感覚と信仰/「本物」を見抜く力/ポルトガル領ゴアとザビエルの改心/モザラベ聖歌の響きとザビエルの故郷/領域を越えていく新天地開拓者/ザビエルとヴァリニャーノ

・第III章 日本人の心性とキリスト教
日本人キリシタン信徒の集いと絆の物語/遠藤周作のペトロ・カスイ岐部/潜伏キリシタンと『こんちりさんのりやく』/ザビエルが日本に蒔いた種/ザビエルはなぜ、かくも深く人びとに愛されているのか/欧米における日本宗教についての誤解/固有の文化ではなく信仰を

・第IV章 歴史の反省と近代教皇
教皇レオ十三世のヒット作『レールム・ノヴァールム』の先見/ユダヤ人の迫害とカトリック教会/ガリレオ裁判の顛末/和解の使者ジュゼッペ・ロンカリ(教皇ヨハネ二十三世)に学ぶ/教会は「回心」を遂げたのか?

・あとがき

■著者 川村信三 かわむら・しんぞう
1958年神戸で生まれる。83年イエズス会に入会、92年司祭叙階。88〜99年ローマ(教皇庁立グレゴリアーナ大学)、アメリカ合衆国(ウェストン・イエズス会神学大学院およびジョージタウン大学)で神学と歴史学を研究し、99年ジョージタウン大学より歴史学の博士号(Ph.D.)取得。2003年より上智大学文学部助教授。