カトリック生活2022年2月号 [80000207]

カトリック生活2022年2月号 [80000207]

販売価格: 200円(税別)

(税込: 220円)

在庫あり
数量:

商品詳細

※ お詫びと訂正 ※
カトリック生活2月号28ページの山中千枝子氏の記事の最終行が欠落しておりました。
「商店街で会う親子連れはいつ会っても、お父さんの手にスマホはない。しっかりとわが子を見つめ、話し」
で終わってしまっていますが、正しい文章は、
「商店街で会う親子連れはいつ会っても、お父さんの手にスマホはない。しっかりとわが子を見つめ、話しかけ、一緒に歌を歌いながら我が家から保育園までの数十分を楽しんでいる。」
でした。訂正してお詫びいたします。
編集部

 

【 特集 】 教会史への招き

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[今月の特集]
今月号は教会史について特集してみた。かつて世界史を勉強した方は、ヨーロッパの歴史の中で教会がいかに大きな存在だったかを思い出すかもしれない。紙面の都合上、細かくみていくことはできず、またカトリック教会的視点寄りで、大味な特集になるが、この機会により詳しく教会史について学び始めるのはいかがだろう。よりキリスト教の理解が深まるはずだ。
____________

・なにが「歴史」を面白くするのか ●川村信三
・駆け足でたどる教会史 協力/松尾 貢 構成/編集部
・マリアの風に乗って
  マリアの姿 〜キリストの民の信仰の歩みの中で〜 ●岡 立子
・カトリック・サプリ
  教会史に「終わり」はあるのか ●竹下節子 

【連載】
・アートで識るイエスの生涯
  聖ヨセフの死 ●中村潤爾
・教皇フランシスコの言葉
  「世代間の対話」「教育」「労働」の3つの道を共に歩もう
・音楽サロン
  ギリシャ神話とカンカン?! ●国本静三
・祈りの風景
  「人」 ●服部 剛/関谷義樹
・預言者の言づて
  あなたをけっして忘れない ●古巣 馨
・原語をとおして読む聖書
  「信仰 〜信じること〜」について(1) ●山下 敦
・私たちにできること 私たちがすべきこと 心にともる光を信じて
  1人1台タブレット時代に ●山中千枝子
・〝キリスト者〟と〝思想〟の交差点
  自分から打って出る言葉 ●来住英俊
・映画、観ようよ!
  『安魂(あんこん)』 ●中村恵里香
・日本史のクリスチャンたち
  ジョセフ彦 ●植松三十里
・フランシスコ・サレジオと共に歩む神への道
  ジョヴァンニ・カリエロの場合(2) ●浦田慎二郎
・ハレの日の聖人たち
  聖バレンチノ司祭殉教者 ●若月伸一
・新刊ガイド
・読者のページ
・NEGOZIO DON BOSCO ⇒掲載商品はこちら

★定期購読のお申込みはこちら