カトリック生活2020年2月号 [80000183]

カトリック生活2020年2月号 [80000183]

販売価格: 200円(税別)

(税込価格: 220円)

在庫あり
数量:

商品詳細

【 特 集 】 音楽 ―― 祈りを紡ぐ

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

[今月の特集]

聖歌はそのままで神への祈りとなる。「よく歌う人は二倍祈る」は、聖アウグスティヌスの言葉として有名。教会が聖歌を大切にしたのは、そこで共に聴き、共に歌う者たちの一致の道具であるからだろう。祈りとしての音楽は、一致、つまりコムニオン(交わり)を生む。私たちは音楽を通して神と一致し、また人と一致する。私たちは音楽を祈りとして紡いでいくとき、その三位一体という本当の交わりへと導かれていく。

表紙写真/関谷義樹 聖グレゴリオの家(東京都東久留米市)にて

____________

 

・加藤一二三氏に聞く

  音楽と将棋と神さまと私

 

・聖グレゴリオの家を訪ねて

  教会音楽は典礼から流れ出る恵み ●橋本周子

 

・聖歌をうたうということ ●西脇 純

 

・各地で生まれ出る新しい聖歌を広く共有するために

  ウェブサイト、Te deum 21 の試み ●森 裕子

 

 

・追悼 中村哲医師

  ―― 中村先生をはじめ先達の追憶とこれから ●黒田一敬

 

 

【 連 載 】

・ルーブルのマドンナたち

  「聖母の神殿奉献」 カヴァリエール・ダルピーノ ●中村潤爾

・国本神父の音楽サロン

  精粋さの魅力! ●国本静三

・マリアの風に乗って

  長崎教皇ミサ「聖歌隊」報告 〜共にささげた長崎の心意気! ●岡 立子

・祈りの風景

  自動改札 ●服部 剛  写真/関谷義樹

・原語をとおして読む聖書

  「謙遜」について(12) ●山下 敦

・カトリック・サプリ

  バロック音楽と踊りと霊性 ●竹下節子

・私たちにできること 私たちがすべきこと 心にともる光を信じて

  親子野遊び塾(1) ●山中千枝子

・〝キリスト者〟と〝思想〟の交差点

  完全文書によるコミュニケーション ●来住英俊

・いのり・ひかり・みのり

  神さまからの感謝 ●中井俊已

・映画、観ようよ!

  「37セカンズ(サーティセブンセカンズ)」 ●中村恵里香

・霧の中のひと 〜ペトロ岐部、その苛烈な生涯〜

  より強く、より激しく ●三浦暁子

・ハレの日の聖人たち

  サラゴサの守護聖人 聖ヴァレリウス ●若月伸一 

・フランシスコ・サレジオと共に歩む神への道

  番外編 〜ドン・ボスコの霊性〜 聖レオナルド・ムリアルドの場合(2) ●浦田慎二郎 

・教皇フランシスコの言葉

・新刊ガイド

・読者のページ

・NEGOZIO DON BOSCO