8月の聖人(ドミニコ、クララ、コルベ神父ほか)

8月に記念する聖人たちの聖品をピックアップしました。
●8/6【主の変容】
 新約聖書に伝えられる、山の上でイエスの姿が変わったことを記念する日。変容は、それまで隠されていたイエスの真の本性が、目に見え、耳に聞こえる形で明白にされた出来事で、その意味は神の啓示であると同時に、特定の弟子に対するイエスの自己啓示であると理解されている。
●8/7【聖ガエタノ】
 1480年イタリア・ヴィチェンツァ生まれ。1504年法学博士を取得して聖職者の道に入り、1516年司祭叙階。教会の内部改革に貢献し、慈善活動に励んで病院の再建に尽力。1547年ナポリの革命者から不当な非難を浴び心痛のあまり病を患い、同年8月7日67歳で帰天。※2022年は日曜日のため、主日が優先されます。
●8/8【聖ドミニコ】
 1170年頃スペイン・カスティーリャ生まれ。哲学・神学を修得後、1196年オスマの大聖堂参事会員となる。「キリストの貧しい使徒」として説教と使徒的生き方を実践。1215年に説教者兄弟会を創立、翌年ドミニコ会を創立した。
●8/11【聖クララ】
 1194年イタリア・アシジ生まれ。アシジのフランシスコと出会い、キリストに倣う徹底した生き方に感銘を受け、修道女となる。1215年、同志と女子修道会のクララ会を創立。彼女の徳を慕って多くの女性が集まり、父の没後母や姉妹も修道院に入った。
●8/14【聖マキシミリアノ・マリア・コルベ】
 1894年ポーランド生まれ。13歳で神学校入学、16歳でコンベンツァル聖フランシスコ修道会入会、24歳で司祭叙階。1930年来日、長崎で印刷所を開き宣教活動に励む。1936年帰国するが、第二次世界大戦中アウシュヴィッツ強制収容所へ送られ、紳士の身代わりになり餓死牢で毒殺。47歳で帰天。※2022年は日曜日のため、主日が優先されます。
●8/15【聖母の被昇天】→ https://www.donboscosha.com/product-group/32
●8/18【聖ヘレナ】
 コンスタンティヌス大帝の母。召使いの身であったが、コンスタンティウス・クロルスと同棲し、コンスタンティヌスを産む。夫の政略結婚の際に離縁されたが、息子が帝位に就くと、帝母として敬われた。同皇帝の影響でキリスト教徒となり、聖地巡礼団にも加わり、ゴルゴダの丘でキリストの十字架を発見したといわれる。彼女の願いによって、ローマ、コンスタンティノポリス、パレスチナに教会堂の建築が計画された。
●8/26【チェストコワの聖母】
 ポーランドのヤスナ・グラ修道院に安置され、修道院を襲った火災の被害で煤が付き「黒の聖母」とも呼ばれる。フス戦争で異教徒によって聖母の頬に傷がつけられたとされる。国の危機を何度も救ってきた国民の母として大切にされている。巡礼地としても有名。
●8/27【聖モニカ】
 4世紀の篤信のキリスト者で、聖アウグスティヌスの母親。異教徒の夫と放蕩生活の息子が回心するよう熱心に祈り続け、息子が回心した後、共に修道生活を送った。息子との稀有な霊的関わりは『告白』に詳しく記されている。「キリスト者の母」の守護聖人。※2022年は日曜に重なるため、主日が優先されます。
●8/29【洗礼者聖ヨハネの殉教】
 洗礼者聖ヨハネの殉教を記念する日。マタイによる福音書14章1〜12節にあるとおり、ガリラヤの領主ヘロデ・アンティパスによる斬首によって生涯を終えたとされる。
32