喜びの光を 四つの福音書 [0192]

喜びの光を 四つの福音書 [0192]

販売価格: 1,200円(税別)

(税込価格: 1,320円)

在庫あり
数量:
ガエタノ・コンプリの好評の光シリーズ。

マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの四つの福音書を平明な文章でわかりやすく解説します。
聖書本文を引用しながら、解説を加えていますので、教会での カテキズムや学校での宗教・倫理の授業にもこれ一冊でOKです。

本文より

 『現代は、印刷した紙が氾濫しています。その中で生活している私たちには、理解しにくいことですが、今、世界中で一番読まれている「福音書」という本のもととなったこのイエズスは、じつは自分からは何もかかれませんでした。

  その点は、ソクラテスも同じです。その理由は相手にしていた人々が、ほとんど字が読めなかったからでしょう。また、教えを伝えるには、生きた伝道が第一だとイエズスが考えていたためだと思います。』


---------------------------------

ガエタノ・コンプリ 著

380ページ 四六判並製
定価本体1200円+税 
ISBN 4-8862-019-2 C0016

---------------------------------

 
■目次

導入   福音書を読もうとするあなたに
第一章  イエズスの誕生と少年期
第二章  洗礼者ヨハネとイエズス
第三章  福音宣教の発祥地とその始まり
第四章  神の国の福音 山上の説教
第五章  ガリラヤでの福音 出会いと奇跡

第六章  ガリラヤでの福音 神の国のたとえ
第七章  ガリラヤでの福音 収穫と困難
第八章  ガリラヤを超えて 異邦人の中
第九章  エルサレムへの旅 幕屋祭での挑戦
第十章  ユダヤでの福音 出会いと教え

第十一章 ペレアでの福音 出会いとたとえ
第十二章 ヨルダン川での谷間での福音 最期に備える
第十三章 神殿での福音 メシアが現れる
第十四章 最後の晩餐 キリストの遺言
第十五章 キリストのご受難とご死去

第十六章 キリストの復活と弟子たちの派遣

各項目の終わりには「参考知識」と「聖書を考える」という問題がついていますので、
カテキズムや授業において役に立ちます。


■著者 ガエタノ・コンプリ
カトリック司祭、サレジオ会員。チマッティ資料館館長。1930年、イタリア・ヴェローナ生まれ。1955年、宣教師として来日。1958年に上智大学大学院神学部修士課程修了。中津ドン・ボスコ学園、育英高専(現サレジオ高専)、川崎サレジオ中学校・高等学校(現サレジオ学院)、日向学院などで長年教育に携わる。教育、信仰教育、聖骸布、チマッティ神父に関する著書多数。