9/15 悲しみの聖母

「悲しみの聖母」の記念日は、「十字架称賛」の祝日の翌日にあたり、イエスの受難のとき、マリアが十字架のもとにたたずんで、母としてイエスの苦しみを共にしたことを記念します。

また、マリアの生涯における他の苦しみも共に思い起こし、「7つの悲しみ」にあったマリアを崇め敬う信心があります。マリアの7つの悲しみは、「シメオンの預言」「エジプトへの逃避行」「神殿でイエスを見失い、3日間捜した出来事」「十字架の道を歩むイエスとの出会い」「イエスの十字架のもとにたたずむマリア」「イエスの遺体を十字架から引き降ろしたこと」「イエスの埋葬」のことです。

教会が、聖母とともに御子の苦しみに結ばれて、その復活にもあずかることができますように、心を合わせてお祈りいたしましょう!

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

14