カトリック生活2020年5月号 [80000186]

カトリック生活2020年5月号 [80000186]

販売価格: 200円(税別)

(税込価格: 220円)

在庫あり
数量:

商品詳細

【 特 集 】 徳について考える

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[今月の特集]

以下、徳目(徳を分類した細目)を列挙。儒教的には、仁・義・礼・智・信。武士道では、義・勇・仁・礼・誠・名誉・忠義。古代ギリシャでの知恵・勇気・正義・節制。キリスト教における対神徳は信仰・希望・愛。修道者においては清貧・貞潔・従順。そのほかにも友愛、博愛、謙遜、柔和、忍耐……などなど。徳は、その言葉自体、抽象的でありただ概念である。だが、これが道徳教育となった場合、上からの押し付け教育だと批判され、徳を語ることは敬遠されているようだ。しかし、その奥にあるのは、本来人間としてどうあるべきか、どう生きるべきかという要求である。人間として存在する以上、私という存在が私にそれを要求してくる。人間とは何者か?徳をキーワードに掘り下げてみたい。そしてさらに、誰が、なぜこのように人間を創造されたのかを考えてみたい。
____________

・徳の飾りよりも
  ―― 金鍔次兵衛が求め続けたもの ●宗任雅子

・小高毅神父に聞く
  徳についてとらえ直す

・徳の意味について
  ―― 常に善を求めてたゆまぬ努力を積み重ねる、ひとがらの卓越性 ●阿部仲麻呂

【 連 載 】

・ルーブルのマドンナたち
  「三連祭壇画 エジプト逃避途上の休息」 ハンス・メムリンク ●中村潤爾

・カトリック・サプリ
  慎重であること ●竹下節子

・私たちにできること 私たちがすべきこと 心にともる光を信じて
  徳育 ── どう生きるのかということ ●山中千枝子

・教皇フランシスコの言葉
  世界のために祈ろう

・国本神父の音楽サロン
  ベートーヴェンの理知と情熱 ●国本静三

・原語をとおして読む聖書
  「正義」について(2) ●山下 敦

・祈りの風景
  遍在するひと ●服部 剛  写真/関谷義樹

・映画、観ようよ!
  『こどもしょくどう』 ●中村恵里香

・?キリスト者?と?思想?の交差点
  再び、修道生活を「下から考える」 ●来住英俊

・マリアの風に乗って
  「○○のケーキですか?」と問われて気づいたこと ●岡 立子

・いのり・ひかり・みのり
  音楽は贈り物 ●中井俊已

・霧の中のひと 〜ペトロ岐部、その苛烈な生涯〜
  帰国! ●三浦暁子

・フランシスコ・サレジオと共に歩む神への道
  番外編 〜ドン・ボスコの霊性〜 カルロ・ガスティーニの場合 ●浦田慎二郎 

・ハレの日の聖人たち
  十四救難聖人 ●若月伸一

・カトリック世界のトピックス 特別編 カタカナ用語覚書 ●阿部仲麻呂

・新刊ガイド

・読者のページ

・NEGOZIO DON BOSCO