愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 [3063]

愛する子どもたちへ マザー・テレサの遺言 [3063]

販売価格: 800円(税別)

(税込価格: 880円)

在庫あり
数量:

商品詳細

かよわな、しわだらけの老修道女、マザー・テレサの中には強く、しわのない精神が宿っていました。

マザーはその生涯を聖母マリアの生き方にならって、隣人、特に貧しい人々の中におられる主に徹底的に仕えたのです。

最期の息を引き取るまで、福音の原点に生きたその姿こそ、現代に生きるわたしたちに残されたマザーの貴重な遺産です。

このたび、マザーのかたわらで長期にわたってボランティアとして働いていた片柳弘史さんが、マザーが折々につづっていた手紙、そして特に最期の日々にしたためあたかも遺言のような手紙を、身近でとらえた多くの写真とともに紹介してくださいます。

現代社会に生きるわたしたちにかならずや、勇気をもって生きる力を
与えてくれることでしょう。
                                白柳誠一枢機卿による序文より


----------------------------------

片柳 弘史 写真・編訳

75ページ 155×155mm

定価:本体800円+税

ISBN 4-88626-306-3

----------------------------------

■目次

序文
マザーの愛した祈り
ベナレスからの手紙
初期の日記より
講演より
インタビューより
晩年の手紙より
最後の手紙より

■片柳 弘史 s.j.
1971年、埼玉県上尾市生まれ。1993年、受洗。洗礼名パウロ。1994〜95年、インド・コルカタでボランティア活動に従事。1998年、イエズス会入会。2008年、司祭叙階。2013年から、カトリック宇部教会、小野田・北若山教会、高千帆教会主任司祭。西宇部小百合幼稚園、小野田小百合幼稚園、高千帆小百合幼稚園園長補佐。
◎著作/『祈りへの旅立ち〜マザー・テレサに導かれて』(ドン・ボスコ社)、『マザー・テレサは生きている カルカッタからの報告』(教友社)、『世界で一番たいせつなあなたへ マザー・テレサからの贈り物』(PHP研究所)ほか