いつも喜びを マリア・マザレロ(僅少)wa [2349]

いつも喜びを マリア・マザレロ(僅少)wa [2349]

販売価格: 1,300円(税別)

(税込価格: 1,404円)

在庫数 9点
数量:
イタリアの片田舎に住んでいたもの静かな女性がどのように世界中に発展した修道女会の 創立者となったか。サレジアンシスターズをドン・ボスコとともに創立した マリア・ドメニカ・マザレロの生涯。

ペスタリーノ神父、ドン・ボスコ、コスタマーニャ神父といった指導者や共に修道会創立に携わった仲間とのかかわりを通して描くマザレロの姿。

----------------------------------

ドメニコ・アガッソ著 
やなぎや けいこ訳  

175ページ 四六判並製

定価:本体1300円+税

ISBN 4-8862-234-9 C0023

----------------------------------



■目次

  第一章 カルロ・アルベルトの疑い〜一人になろうとも信じること
  第二章 疫病の流行〜「スープを温めるほうがいい」
  第三章 モルネーゼのドン・ボスコ〜そして、ドン・ボスコは?
  第四章 最初の選挙、最初の拒絶〜聖アンナ修道女会のシスターたち
  第五章 マリア・ドメニカ、総長に選ばれる〜遠い地からのコミニュケーション
  第六章 トリノでは〜大西洋をわたるシスターたち
  第七章 フランスからの呼び声〜マザレロの父の死
  第八章 さようなら、モルネーゼ〜「恐れずに前進しなさい」

世界にはばたくマザー・マザレロの娘たち
付記
マリア・ドメニカ・マザレロ 年譜


■著者 ドメニコ・アガッソ
イタリア生まれ。ジャーナリスト。長年『ファミリア・クリスティーナ』誌などの編集長をつとめた後、著作活動を始める。教皇ピオ10世、教皇パウロ6世の伝記などを著す。


■訳者 やなぎや けいこ
東京生まれ。慶應義塾大学経済学部を経て、アルゼンチン、サルバドール大学に留学。『マザー・テレサ』『アンデスの天使』『二つの勲章』『愛の証し人』(以上、ドン・ボスコ社)『はるかなる黄金帝国』(旺文社)他、多数の作品がある。
日本翻訳家協会、日本国際児童図書評議会会員。