「ロザリオの月」特集

10月7日は、教皇ピオ5世によって「ロザリオの聖母」の記念日と定められました。カトリック教会では10月を「ロザリオの月」として過ごします。「ロザリオ」とは、バラの冠の意であり、花冠を編むように祈りを唱えます。この信心は、聖ドミニコによって広められました。ロザリオを唱えることで、天の国にバラの花を咲かせるとも言われています。
いつも私たちを支えてくださる聖母をとおして、神さまを身近に感じることができるように、ロザリオを使ってお祈りしましょう。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

74