8/6-15 日本カトリック平和旬間

1981年、教皇ヨハネ・パウロ2世は「平和の使者」として日本を訪問し、人々に喜びと希望を与えました。
特に広島では「過去を振り返ることは、将来に対する責任を担うことである」と、国内外に平和メッセージを発信しました。
そこで日本のカトリック教会は、その翌年(1982年)、もっとも身近で忘れることのできない、広島や長崎の事実を思い起こすのに適した8月6日から15日までの10日間を「日本カトリック平和旬間」と定めました。
ともに平和を祈り、平和を考え、平和について語り、平和のために行動する機会になることを願っています。
https://www.cbcj.catholic.jp/faq/heiwajunkan/ カトリック中央協議会「平和旬間とは?」より抜粋)

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

21