ドン・ボスコ ダイジェスト版 [4398]

ドン・ボスコ ダイジェスト版 [4398]

販売価格: 1,296円(税込)

在庫あり
数量:
サレジオ会の創立者ドン・ボスコについて、最新の歴史的研究をふまえて読みやすくまとめた伝記。産業革命による社会変革の中で見捨てられた若者たちの救いのために人生をささげたドン・ボスコの生涯が、いきいきと描かれている。
ドン・ボスコに関する本はすでにいくつかある中で、本書はドン・ボスコの伝記として定評あるテレジオ・ボスコ著『ドン・ボスコ』のダイジェスト版。

-----------------------------

テレジオ・ボスコ著
サレジオ会編訳

定価:本体1,200円+税

四六判 376頁
ISBN978-4-88626-439-8 C0016

-----------------------------

■目次
まえがきとして
1. 十二歳の出発
2. 幼年時代
3. 少年時代
4. 小さな道化師
5. カロッソ神父のもとへ
6. 「ぼくは勉強しなれけばならない」
7. キエリでの青春
8. 友情の季節
9. 司祭への道
10. ドン・ボスコになる
11. 司祭としての第一歩
12. 「ぼくの名前はバルトロメオ・ガレッリ」
13. バロロ侯爵夫人とボレル神父
14. 移動オラトリオ
15. 牧草地からピナルディの小屋へ
16. 左官少年たとの奇跡
17. 爆発寸前の火薬工場
18. 見捨てられた子どもたちの父となる
19. 希望の崩壊
20. 実りのない年
21. 聖フランシスコ・サレジオ聖堂
22. 神さまが送った犬、グリージョ
23. ドン・ボスコ、作業所や学校を作る
24. 一八五四年、「サレジオ会員と名乗ろう」
25. ジェネララ少年院
26. 母、そして愛弟子との別れ
27. 「私はドン・ボスコと共にいる」
28. ミケーレ・マゴーネ
29. モンフェラートの小旅行とオラトリオでの生活
30. 夢に見た大聖堂
31. ルア神父――ミラベッロの院長
32. 扶養者聖母の聖画
エピローグ「天国で皆のことを待っている」
ドン・ボスコの生涯の主な出来事
あとがきとして


■著者 テレジオ・ボスコ

サレジオ会司祭。1931年、イタリア・トリノ生まれ。1966年、L.D.C.に入り「ボレッティーノ・サレジアーノ」誌の編集長(1972〜75年)を務め、現在にいたる。長年にわたり、若者向けに模範となる世界の偉人伝や聖人伝、信仰教育の著書を多数執筆。本書『ドン・ボスコ伝』は、世界40か国語以上に翻訳されている。