イエス あなたはいったい何者ですか [5913]

イエス あなたはいったい何者ですか [5913]

販売価格: 1,512円(税込)

在庫なし
イエス
あなたはいったい何者ですか

パゴラ・エロルサ・ホセ・アントニオ/著
フスト・セグラ 加藤喜美子/共訳
石井望/翻訳協力・イラスト

イエスはいったい何者なのか。彼の強さと独創性はどこからくるのか。本書は、イエスの時代の生活様式や歴史を背景にイエスの具体的な行動、神の探求者としての生き方をさまざまな局面から提示し、イエスの真の姿を映しだす。

■もくじ
イエス=キリストの真の姿を求めて(阿部仲麻呂)
プロローグ
1章 ガリラヤのユダヤ人
 1.ローマ帝国の支配下で
 2.華麗で不吉なヘロデの思い出
 3.アンティパス時代のガリラヤ
 4.ガリラヤの都市化
 5.固有な性格をもったユダヤ人
2章 ナザレの住民
 1.イエスの村
 2.ユダヤの家族集団の懐で
 3.田舎の人たちの間で
 4.宗教的な雰囲気
 5.労働者の生活
 6.妻もなく、子もなく
3章 神を探し求める人
 1.洗礼者ヨハネの行う徹底診断
 2.新たな始まり
 3.洗礼者ヨハネが授けた洗礼
 4.洗礼者ヨハネが期待していたこと
 5.イエスの“回心”
 6.イエスの新たな計画
4章 神の国を宣言し、実現する者
 1.旅するイエス
 2.神の国への情熱
 3.遠くからやってきた熱い望み
 4.燃え上がる期待にかられた民のただ中で
 5.神はもうここにいる
 6.最良の知らせ
 7.いのちを満たす友である神
 8.貧しい人々は幸せである
 9.変えなければならないこと
 10.最良のものはまだ来ていない
5章 神の思いやりを謳う詩人
 1.たとえ話の魅力
 2.いのちは目に見える以上のもの
 3.慈しみ深い神
 4.あなた方の父が慈しみ深いように、あなた方も憐れみ深くありなさい
6章 いのちの癒し人
 1.ガリラヤの病人たち
 2.困難な癒しの道
 3.特異な癒し人
 4.イエスの癒しの力
 5.悪霊から解放する人
 6.新たな世界のしるし
7章 最下層階級の擁護者
 1.ガリラヤの最下層階級
 2.庇護者のいない人々の神
 3.分別のない愚か者か、連帯意識か
 4.好ましくない人々にも尊厳がある
 5.罪びとたちの友
 6.イエスが差し出したゆるし
 7.人が受けるに値しないゆるし
8章 女性の友
 1.ユダヤ女性の状況
 2.最下層の女性たちの友
 3.枠組みを破って
 4.異なる見方
 5.男性の支配のないところで
 6.イエスの女性の弟子たち
 7.イエスに従う女性たち
9章 いのちの師
 1.あまり型にはまらない教師
 2.心を入れ替えなさい
 3.律法のはるか彼方に
 4.決定的なものは愛
 5.敵を愛しなさい
 6.正義のための非暴力の戦い
10章 刷新運動の創始者
 1.人を惹きつける力
 2.多くの人々の心からの支持
 3.12人
 4.徹底的な招き
 5.イエスと共に暮らして
 6.新しい家族
 7.神の計画への奉仕
 8.癒しの神を告げ知らせるように派遣されて
11章 忠実な信仰者
 1.民の信仰に根差して
 2.ある決定的な体験
 3.祈るために、人里離れたところに退いていた
 4.父である神
 5.イエスの良いお父さん
 6.いのちの神
 7.イエスの祈り
12章 紛争をもたらす危険人物
 1.ファリサイ派の分子たちとの紛争の中で
 2.宗教的権威への反抗
 3.ローマ当局からの疑い
 4.生涯の終わりに至るまでの首尾一貫性
 5.エルサレムに向かういのちがけの巡礼
 6.非常に危険な振る舞い
 7.忘れ難い別れ
13章 神の国の殉教者
 1.神殿の権威者たちから引き渡されて
 2.ローマ当局から死刑に定められて
 3.磔刑の恐怖
 4.最後のとき
 5.父の手に
14章 神により復活させられて
 1.神はイエスを復活させた
 2.イエスの復活は何に基づくのか
 3.復活したキリストへの新たな信仰の道
 4.決定的な体験
 5.イエスの墓は、空になっていたのか
 6.神はイエスに根拠を与え、彼を正当に評価する
15章 イエスのアイデンティティーを深く研究して
 1.イエスの生涯の再解釈
  (1)マルコ福音書
  (2)マタイ福音書
  (3)ルカによる福音書
  (4)ヨハネによる福音書
 2.イエスのための名称を求めて
  (1)メシア
  (2)人の子
  (3)大祭司
  (4)主
  (5)人となった神のことば
  (6)神の子
 3.生きているイエス・キリストとの出会い
  (1)エマオの弟子たちの物語
  (2)マリアと復活したイエスとの出会い
エピローグ
終わりに(ホセ・アントニオ・パゴラ)
訳者あとがき(フスト・セグラ)

■著者 パゴラ・エロルサ・ホセ・アントニオ
1937年、スペイン生まれ。61年、司祭叙階。サン・セバスティアン教区立神学校で哲学・神学、ローマのグレゴリアナ大学で教義神学、教皇庁立聖書研究所及びエルサレムの聖書学・考古学研究所で聖書科学を学ぶ。その後同教区立神学校教授を経て、神学校の院長、同教区の司教代理、司牧学研究所所長を歴任。著書多数。

■訳者 フスト・セグラ
1958年、司祭叙階。1958〜63年、米国ロスアンジェルスで司祭職。1963年3月に来日後、日本で司祭職に就く。

■訳者 加藤喜美子
1958年、愛徳カルメル修道会入会。愛徳学園、マニラ・アダムソン大学及びアテネオ・デ・マニラ大学日本語科講師を務め、ホームレス支援、滞日外国人司牧などを行っている。

四六判並製 509頁 定価 本体1,400円+税
ISBN978-4-88626-591-3 C0016

★改訂版準備中(発行時期未定)