共にいる教育 〜アシステンツァ〜(僅少) [1991]

共にいる教育 〜アシステンツァ〜(僅少) [1991]

販売価格: 1,080円(税込)

在庫数 90点
数量:
 ドン・ボスコの手による書簡の中で特に有名なものに「ローマからの手紙」がある。ローマ滞在中のドン・ボスコからトリノの会員たちにあてられた書簡である。

 長きにわたって学校教育に携わってきた著者岡 道信師がこの「ローマからの手紙」を紐解きながら、ドン・ボスコの教育とアシステンツァの本質に迫っていく。

---------------------

岡 道信 著

210mm×150mm 92ページ

定価:本体1000円+税

ISBN 4-88626−199-1 C0016

---------------------

■目次
序文
第一部 ドン・ボスコの「ローマからの手紙」に見るサレジオ教育の原点――アッシステンツァ
・ドン・ボスコの「ローマからの手紙」によるアッシステンツァ
 「ローマからの手紙」とは
 ドン・ボスコがサレジオ会員に宛てた「ローマからの手紙」
 「ローマからの手紙」が書かれた背景
 「ローマからの手紙」の現代性
 ドン・ボスコの教育法の根本、「アッシステンツァ」
・ドン・ボスコの教育におけるアッシステンツァ
 (1)「共にいる」教育である
 (2)人格を認める教育である
 (3)宗教心を通して導く教育である
 (4)可能性を触発する教育である
 (5)グループの力となるアッシステンツァ
・アッシステンツァのすがた
 ドン・ボスコがアッシステンツァに求める態度
 アッシステンツァという仕事の喜び
 「節制」というアッシステンツァのカギ
 アッシステンツァの愛情
第二部 日本におけるサレジオ教育の3つの根本資料
1 青少年教育における予防教育法
2 教育の福音「若者の父ドン・ボスコ」 教育者への教皇ヨハネ・パウロ二世の書簡
3 サレジオ会日本管区「教育司牧指針」

■編著者 岡道信(おか・みちのぶ)
サレジオ会司祭。1936年、下関生まれ。1970年、司祭叙階。中津ドン・ボスコ学園、大阪星光学院、日向学院で教え、日向学院中学校・高等学校校長を歴任。