ガリラヤへ 新たな出会いと出発(たびだち)のキリシタン史 [5036]

ガリラヤへ 新たな出会いと出発(たびだち)のキリシタン史 [5036]

販売価格: 1,080円(税込)

在庫あり
数量:
ガリラヤへ
新たな出会いと出発のキリシタン史

まるちれす研究会 編・著 /溝部脩 監修
A5判並製 オールカラー 184 頁
定価:本体1,000 円+税
ISBN978-4-88626-503-6 C0016

2010年7月 初版発行

その道筋は過去にではなく、未来へとつながっている

 そこに行くと大切な人に出会える。そこに行くと懐かしい景色がよみがえってくる。そ
こに行くと新たな自分を発見する。そして、そこには明日が見えてくる。歴史を辿り始め
たとき人は巡礼者になる。
 ザビエルからド・ロ神父までのキリシタン史をたどりながら、既知のものとの新たな出
会い、信仰の遺産の確認、現代の信仰者の役割などを「黙想」という独自の方法で提示。
過去にではなく未来へとつながる道を示す。

目次
1 フランシスコ・ザビエル
2 天正遣欧少年使節
3 日本二十六聖人殉教者
4 金鍔次兵衛
5 大村の殉教者
6 島原の殉教者
7 生月の殉教者
8 残りの者たちの証し
9 信仰の系図
10 潜伏と観想
11 信徒発見
12 掲げられた信仰
13 秘められた信仰
14 福祉の群像

■編著者紹介
長崎のカトリック教会で働く信徒・修道者・司祭のグループ。同研究会は一昨年188殉教者列福式の際、『恵みの風に帆をはって-ペトロ岐部と187殉教者物語―』を編纂している。