メダイ

メダイ(Médaille フランス語)はメダルのことです。身に付けることで神様が共にいてくださることを思い起こし、信仰を強める助けとなります。どこに付けるかなど使い方は自由です。
この信心は「不思議のメダイ」と呼ばれるメダイがきっかけとなり、世界中に広まりました。1830年、聖母マリアがフランス・パリの愛徳姉妹会の修道女カタリナ・ラブレのもとに現れ、人びとの救いについて重大な預言や願いを伝え、このメダイの作製を命じて作られたのがはじまりです。当時このメダイを身に付け、聖母マリアに取り次ぎを願った人びとにさまざまな奇跡が起こりました。今でも多くの人がこの信心を大切にして、メダイを身に付けています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

604